岡山県のおいしい店|おすすめグルメ|飲食店のお探しサイト「ぼっけぇ!グルメ岡山」
ぼっけぇ!コラムカテゴリ一覧

1月 おせち

2008年01月01日(火)  カテゴリー:  

願いと喜びが詰まったお祝い料理

おせち

もともとは宮中のお節供(せちく)の行事で供えられる節供料理と言われますが、現代のような形になったのは江戸時代。このころには、庶民の家庭でも縁起物を詰め込み、新しい年への願いと、新年を迎えられた喜びをあらわす年神様へのごちそうとして作られるようになりました。

お正月は、年神様を家にお迎えする行事。年神様が家にいる間は煮炊きを慎むため、三が日は料理をしなくてもすむよう、おせちには日持ちのする料理が多いのも特徴です。

四段重から現代では三段重へ

本来は四段重が正式と言われますが、地方や家庭によってしきたりはまちまち。四段重の場合、次のように詰めるのが一般的だそうです。

● 一の重「祝い肴(いわいざかな)」…黒豆、数の子、田作りなど

● 二の重「口取り」…きんとん、かまぼこ、伊達巻など

● 三の重「焼き物」…魚や海老の焼き物、昆布じめなど海の幸

● 与の重「煮物」…野菜類の煮物や煮しめなどの山の幸

核家族が多くなった現代では、三段重が中心となってきています。その場合は、一の重に「祝い肴」と「口取り」を、二の重に「焼き物」と「酢の物」を詰めることが多いようです。

おせちの主役、祝い肴三種

数々の料理を詰め込んだおせちの中でも、「これがなくちゃ!」という主役級の料理があります。黒豆、数の子、田作りの3種類の祝い肴が、それ。

黒豆は、健康(まめ)でまじめ(まめ)に働けるように、という願いを込めたもの。

数の子はたくさんの卵が集まっていることから、子孫繁栄の願いを込めたもの。

田作りは豊作と五穀豊穣の願いを込めたもの。

家族の健康や子孫繁栄、長寿や豊作といった、昔ながらの願いが込められたおせち。最近では洋風や中華風などの変わり種のおせちも出回り、少しずつその形を変えてきていますが、おせちを準備する心は昔と同じ。離れた家族や親戚が集まり、新年への感謝と願いをこめて神様へお供えしたごちそうをみんなで頂く。それがおせちの本質なのです。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress